馴染みのある銀行だからと油断していてはいけない

銀行がお金を貸したくなるような会社になるためには?

会社を環境適合しやすいように、何もかもシェイプアップさせるのが、経営のキーワードです。その究極の姿が、この1章でお話ししてきた、とにかくお金に気を遣う経営です。運用することも難しい、リターンを得るためのコストのかけ方も難しい、そんな状態からバランスシートのシンプル化に至るのは必然的な流れです。銀行の論理を知る。とにかく銀行とのつきあいは頭が痛いものです。銀行の一挙手一投足が気にかかる経営者や財務担当の方も多いでしょう。多くの会社は、銀行に資金の面で命脈を握られているような感覚を持っています。

だから、絶えずそんな気味の悪さを感じています。とはいえ、銀行という世界のものの考え方を知っておけば、そういったストレスから少しは解放されるのではないでしょうか。この章では、そんな会社からはわかりにくい、銀行のものの考え方などについてお話ししたいと思います。銀行もあなたの会社と同じ。営利企業です。経営者の方から、「昔、銀行に助けてもらって」という話を耳にすることがあります。

確かに、その会社にとっては、ギリギリのところで融資が出て経営危機を脱したのかもしれません。そう思ってもらうのは、銀行として非常にありがたいものです。しかし、実のところ、「会社を助ける」といった気持ちで銀行が融資判断をしたとは思えません。銀行はその時、勝手に打算を働かせて、融資をするか否かを決めただけだと思います。銀行というところは、慈善団体とかそういったところではありません。れっきとした営利企業です。その時、さらに追加融資をすれば生き返るのか、それともここで手を引いて、担保処分で回収した方がいいのか、そういった冷徹な打算をしていたはずです。
人が亡くなられた場合に、そのなくなった人物のお金の相続人は相続税 申告を行わなければなりません。相続人は10ヶ月以内に専門家に相談するといいでしょう。インターネットから依頼できます。
普段の生活の中では、なかなかお金を工面するのが難しかったりするのですが、キャッシングを利用するようになってからは、自由にお金を借りられるようになって便利になりました。
女の子とデートというときに限って、財布の中にお金が無かった!なんて経験をしたひとは一人や二人ではないでしょう。そういうときはキャッシングなどでお金借りることで凌げます。


それがさっと提出できたり、できなかったり。実は思った以上に自社のことは把握できていないものです。つまり、あなたの会社のことが銀行にうまく伝わっていない原因は、1つではなくいくつかの間題が複合的に絡み合っているのです。そういったことを整理し、「会社のことを伝えようとすると立ちはだかる『3つのカベ』」と私は呼んでいます。

具体的には、会社の代表者が「自社を把握する困難さ」、そして「会社と銀行との間でのコミュニーケーションギャップ」、「銀行内の稟議プロセスに起因する重要情報の脱落」が3つのカベの中身です。◇その前に、自社を把握できているか?ある会社でこんな事例がありました。あるメーカーの話で、業績把握に問題をきたしたケースです。

新着情報
2013/09/19 注目記事を更新しました。
2013/09/15 新着記事を更新しました。
2013/09/14 無防備な姿勢を更新しました。
2013/09/11 取引採算とリスクを更新しました。
2013/09/09 業界の文化を更新しました。
2013/09/07 銀行の「損切り」を更新しました。
2013/09/06 銀行がお金を貸したくなるような会社になるためには?を更新しました。
2013/09/03 ホームページをリニューアルしました。

オススメ紹介
オリックス銀行カードローン登録貸金業者情報検索サービスノーローン
限度額800万円、年利3.0%~17.8%、月々7000円からの返済というキャッシング金融庁のサイトで、貸金業者としての登録の有無を調べられます。何度でも1週間無利息でキャッシングが利用できる新生銀行グループの安心キャッシングサービスです。